スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

わたしは海辺の案山子

案山子02
案山子01
井上俊子さんの絵本が届きました。
「わたしは海辺の案山子」
     ー88さいの自分史ー

以前、ご自宅で絵本原画展をされていましたが、それが出来上がりました。87ページにわたって、絵と文章が描かれています。ちぎり絵も美しいのですが、時代背景の描写がきめ細かくされていて、とても興味深く、読み応えのある本となっています。非売品です。


スポンサーサイト

2007.12.28 | | Comments(0) | Trackback(1) | 作家・アトリエ

小鹿田焼(おんたやき)の里

今年の5月に訪れて、写真(時間が経ちすぎて、どの写真がどちらの窯元かわからなくなってしまいました。すみません…)を撮らせていただいたのですが、記事にするのが遅れていました。
今年のことは今年のうちに…
遅くなりましたが、ご容赦ください。
小鹿田05
小鹿田06小鹿田02小鹿田01

小鹿田04小鹿田03小鹿田焼(おんたやき)の里は、大分県日田市に古くからある陶芸の里です。小鹿田焼公式HPによると、300年以上の歴史があるそうです。柳宗悦やバーナード・リーチなど、著名な文化人・陶芸家も訪れています。里に入ると、臼で土をひく音が聞こえてきます。「飛びかんな」「打ち刷毛目」など、伝統的な技法を駆使した器が並びます。大分で生まれ育った人には、お馴染みな陶器ではないでしょうか。のぼり窯は、大きさにもよるのでしょうが、年に2~3回たくそうです。
観光客が気軽に近づけるところに、制作途中の作品が天日干ししてあり、工房との距離が近くて親しみやすい雰囲気があります。窯元ごとに新しい作風にも挑戦するそうですが、「小鹿田焼」としての許容範囲内でのことだそうです。「小鹿田焼」を守るという誇りと責任の大きさを感じます。代々受け継いできた窯元の「おおらかさ」と「こだわり」が、あきのこない陶器として、かたちになっているのだろうと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なぜ小鹿田の里に行ったのかというと、「森を育てるプロジェクト」の企画に参加していたからです。第1回目は5月にあり、1泊2日で、植樹体験をしました。その山から小鹿田の里は近く、帰りに、森林ボランティアの主催をしていた、NPO法人地域環境ネットワークの三浦さん、桑野さんご夫婦に、連れていってもらったのでした。今回の記事は、その5月のときのものです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 【…の続きを読む】をクリック!


【“小鹿田焼(おんたやき)の里”の続きを読む】

2007.12.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

岩渕なおこ展 ーコガラシー ご報告

お久しぶりです。更新が滞っておりました。
1ヶ月以上、記事を書いていなかったら、ブログ編集画面が一新しており、…ブログをみるには変わらないのですけど… 書く側からすると新鮮です。

岩渕さんが、東京・銀座で個展をしていたのを、SHIROTSUKAさんが様子を知らせてくれました。
以前の記事でも紹介していたコガラシ展の会場風景です。展覧会は(とっくに)終了しています。SHIROTSUKAさんからは、早々に原稿は届いていたのに、ご紹介が遅くなりました。ごめんなさい。ごめんなさい。
                               ↓この写真はたぶん岩渕さん撮影。

コガラシ会場

木枯らしが吹くような寒い日であっても、会場に入ればじんわりと心があたたかくなる・・・そんな展覧会でした。今回の作品は、絵と陶器類、布物など。いつも豊富なアイデアに驚かされます。

久しぶりに見た絵は、ますます無駄なものが削ぎ落とされている気がしました。純度が高くて瑞々しい。その場の空気を描くのがとてもうまいです。絵の前に立っていたら爽やかな風を感じました。

コガラシ10コガラシ06

陶器の作品も絵画を思わせます。
秋を思わせる器や陶板。自然の美しさが伝わってきます。

コガラシ08コガラシ07

石のオブジェは、いろんな面に置くことが出来ます。置き方によって表情が変わっておもしろい。           

コガラシ01コガラシ05

コガラシ04
小さなオブジェたち。
ユーモアが溢れていてかわいい!


布物も、毛糸ドローイングが魅力的。
右下の写真。左手前の黒いのはスカート。ベージュはベスト。右手はトートバッグ。

コガラシ09コガラシ03

〈文・写真〉Mamiko SHIROTSUKA.

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 【…の続きを読む】で作品の写真、もう1枚。


【“岩渕なおこ展 ーコガラシー ご報告”の続きを読む】

2007.12.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

阿南陶磁器工房

陶芸家、阿南維也(あなん これや)さんの工房を、訪ねました。
20070204151903.jpg20070204151918.jpg
20070204151948.jpg20070204152003.jpg阿南くんは、大分県出身。大学を出た後、なぜかそれまで縁のなかった陶芸に興味をもって、佐賀県で絵付けの研修を2年、宮崎県で陶磁器の窯元にて4年修行、2003年に独立して大分に帰ってきました。
作品は、白い無地のものが多いのですが、最近ではメタリックな釉薬(うわぐすり)を使ったものもあります。

20070204152803.jpg20070204152026.jpg雪がちらちらと降る日でしたが、なんとなく暖かい空間で居心地がいい。壁や床に、いろいろなものが鎮座しています。「はしご」のかたちのオブジェや、絵が、ちょこちょこあります。
なんなんだろう?
黒い板の絵(阿南くん作)から、はしごがスルスル伸びています。→

以前、取材しています。→阿南維也展「受けるもの」

注)使用しているデジカメの調子が悪いので、写真がきれいに撮れません。
変色、ピントはずれは、作為的なものではありません。劣悪な写真ですが、ある程度情報は伝わるかと思い載せました。ご了承くださいませ。

2007.02.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

wakako ceramics オープン

wakako07.jpgwakako ceramics
住  所 : 杵築市新町381 杵築市役所前
電話番号 :  090-7395-6026
アドレス :  wakako_uta_18@yahoo.co.jp
HPできました!
http://wakako-ceramics.eek.jp/
wakako03.jpg坂本和歌子さんの陶芸の工房が、杵築にオープンしました。作品制作、陶芸教室、作品販売、いろんな場所になります。広くて気持ちのいいスペースでした。
杵築の城下町の風情のある家並が続きます。
工房は、杵築市役所の真ん前です。わかりやすい場所にあるのですが、下調べをせず、なんとなく行った私は迷ってしまいました。
自信のない方は、HPでご確認を。

wakako01.jpgwakako06.jpgwakako04.jpg←この日は、オープンを記念して、作陶体験ができました。土をねるのは、気持ちいい。

陶芸教室は、いろいろなメニューがあります。生徒さん募集中です。こちらも、HPで詳しく紹介しています。2007年4月からは、大分市府内町 チャペル校が、始まる予定です。フル回転!です。

これまでの坂本さんの陶芸教室は、キャンセル待ちがでるほど人気でした。興味のある方は、お早めに問い合わせてみては?

オープニングの様子は、こちらのブログでも、ご覧いただけます。写真たくさん載ってます。
→ kken-rooms
→ 
aromart

2007.01.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

岩渕なおこ 作品紹介

作品紹介といっても、私の持っている資料は、全体のほんの一部の小さなものばかり。それでも少しは伝わるかなと思い、写真を載せてみました。
20070106002403.jpg20070106002424.jpg
20070106002730.jpg出会った頃の岩渕さんは、アクリル絵の具で、風景がや身近な人物をのびのび描いていました。絵を描くのが楽しくて、手を動かすのが大好きで、自然にいろいろ発想がわいてくる、そんな様子でした。
それから、陶芸やフェルトのマフラーなど、手作り雑貨も手がけていて、時折見せてくれるそれらの作品も、魅力的でした。

風景も人物も、現場で実物を目の前にしてスケッチしています。作品から、そのときの空気感、臨場感が感じられるのは、その成果でしょうか。
20070106010511.jpg20070106010315.jpg携帯ストラップも作っていて、小さいものですが、細かな絵付けがなされています。人形の表と裏で、2つの顔を描かれてあったり、遊び心満載です。

←同じ人形の裏表
 以前送ってくれた写真→
20070106010230.jpg     岩渕さんの作ったフェルトのマフラー→

岩渕さんと美術館やギャラリーを一緒にめぐるのも楽しい。美味しそうに食べる人と、食事をするのが楽しいのと同じです。
今年の年賀状に、個展をする予定とありました。すご~く見に行きたいのですが、東京近辺でのことだと思われます。ちょっと、無理かな。

いつも届く年賀状が、かわいい。
【…の続きを読む】をクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 



【“岩渕なおこ 作品紹介”の続きを読む】

2007.01.06 | | Comments(2) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

アキ工作社 行ってきました!

20061007185151.jpg先日、諏訪真理子さんと、アキ工作社に行ってきました。工場を見学させていただけるということで、うきうき気分で訪問。d-torsoを作っておられる松岡勇樹さん、ニットをデザインされている竹下洋子さんとお話をしました。
お忙しいのに、時間をつくっていただいて、ありがとうございました。
アキ工作社(手前に諏訪さんが立ってる)→
店舗、ギャラリーではありません。工場です。美しいです。建築家、塩塚隆生氏の設計。
20061007185215.jpg言葉を重ねるうちに、感性も響き合って、”なにか”が生まれるかもしれません。人の思念は、どこかに降り積もって、いずれなんらかの目に見える”かたち”となって表れる…そんな気持ちにさせられる会話が続きます。

←それぞれの創造力、表現力、技術力があわされば、面白いことができる。自由でまじめな話し合いです。
松岡さん竹下さんご夫婦は、起業家であり、工場をお持ちですが、私からみると、完全にアーティストであり、建物はアトリエです。写真を見ると一目瞭然。色とりどりのパレットと、素材と、道具と、作品が整然と並びます。
20061008132253.jpg20061008182157.jpg
20061008132403.jpg20061008182224.jpg
松岡さんは、以前このブログで紹介させていただいています。
http://sevenpoint.blog46.fc2.com/blog-entry-62.html
d-torso HP http://www.wtv.co.jp/
竹下洋子さんのHPを発見。(スミマセン。勝手にリンクさせていただきました。)
Yoko laboratory http://www.yoko-labo.com/top.html

2006.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

豆皿絵付け体験 & HPご紹介「Manne Home」

20060826174323.jpg前々回の記事でご案内したsaicoの、豆皿絵付け体験行ってきました。用意されているsaicoの皿は、無地でも十分かわいい。一日限定のワークショップでした。ちょうど来場したての今井 杏さんと一緒に、おしゃべりしながら手を動かして、
そういう軽い雰囲気で、ものが作れるのが楽しい。


←写真に写っているのは、今井 杏さん。最初は動物を描いていたけど、次第に花が増えてきて…
20060826174341.jpg
           …花だけになってる。→
これはまだ描きかけなので、さらに変化する予定。
窯にいれて焼くと仕上がりはどうなるのでしょう?

今井 杏さんを、もう少し詳しく紹介すると、絵を描いている作家さんです。とてもかわいらしい絵なのですが、どこか不思議な空気が漂っています。
水は澄んでいるのに、深い深い底の見えない池のような…
現在、絵本をチャレンジ中だとか。プロットは出来ているそうです。摩訶不思議な本ができそうです。

今井 杏さんは、制作活動する際、「manne(マニエ)」という名を使っています。ホームページもあります。

Manne Home
 http://www.manne.jp/

2006.08.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

Gallery & Cafe 風の卵 閉店

DSCF0018_1.jpg突然閉店のお知らせに、とまどってしまいました。店主のひぐらし ひなつさんと会って話をしましたが、やはり本当のようです。Gallery & cafe 風の卵は、独特の空間で、数々の企画展、イベントを開催してきました。いろいろな人を惹き付ける不思議な魅力のあるお店でした。そこで珈琲が飲めないと思うと残念です。DSCF0015.jpgけれど、生石の店舗での営業は終了しましたが、アーティスト支援の活動はつづけていくそうです。新しいかたちの「風の卵」、活動再開のお知らせを楽しみに待つことにします。DSCF0008.jpgまた、ひぐらしひなつさんは、歌人として、表現者でもありますし、今まで以上に充実した仕事をみせてくれそうな予感もします。店内の写真をたくさん撮っておきたかったのですが、見事にピンボケ。印象を胸にしまっておきます。
DSCF0023_1.jpgフェリー乗り場の工事が進み、以前とは変わってしまったお店の前の景色。夕焼け空は、変わりませんでした。
Gallery & Cafe 風の卵は、すでに閉店していますので、現在営業していません。ご了承ください。


2006.08.04 | | Comments(2) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

諏訪 真理子さんのブログ

20060729001850.jpg諏訪 真理子さんが、ブログをはじめました。
期間限定だそうです。2006年11/3~12、山口県宇部市にて開かれる展覧会に向けて、経過が記事になっています。
諏訪さんの視線を辿って、肩越しに体験している気分になります。記事は、今年の2/15の回想からはじまります。久住でplan.2「白丹」という企画が、2/11にあって、そのすぐ後のことです。ちょうどそのときの諏訪さんの写真があったのでのせてみました。夏に見ると、雪が涼しいです。

諏訪さんのブログ「宇部・三炭町(さんたんまち)と私」

2006.07.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

安部泰輔くんのHP

安部泰輔くんのホームページがあります。
これからこの中で、作品紹介などもしていく予定のようです。
現在開催中の、企画展「北仲W301シリーズ vol.3 安部泰輔と渡辺 郷」の告知がなされています。Googleの地図とリンクしているので、行ってみたいけど場所がわからないなあという人はチェックしてみては。

   
http://www.taisuke-abe.jp/

2006.07.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

人形一座「ホケキョ」影絵芝居

20060705015556.jpg 20060705015616.jpg
セブンポイントの企画で、よく思い出すのは、2000年6月17日(土)19:00~の「ホケキョ」の公演「桃の浮き舟」50分です。セブンポイントでの最初の企画でした。
「お客さんは来るのかな? 用意した座席は快適かな?」心配の種は尽きません。そんな心配をよそに、ホケキョの2人は手慣れた様子で、どんどん準備していきます。そして、雨の中60名程人が集まりスタートです。さて、公演の内容は…
面白かった! オリジナルのストーリーも面白いし、音楽も心地よく響きます。アドリブも楽しくて、子供が泣き出すと「こわくないよ~」とスクリーンのから人形が顔を出して話しかけ、選挙カーが通り過ぎると、「表が騒々しいなあ。」と、とぼけます。暗い部屋の中、光と音が降ってくるようで、包まれるようで、素敵な時間でした。
20060705022742.jpg(写真上)
公演後、人形の使い方を、説明してくれました。
(写真下)
湯布院のお寺でも、公演しました。雰囲気がよくあいます。
演目は「泪鬼」「けらら姫と大食い象のガジャ」


そのときの、ちらしの文章です。
20060705022757.jpgインドネシアの伝統的影絵芝居(ワヤン クリ)は、一人の人形使い(ダラン)が、ガムランの演奏とともに、演じるものです。夜の8時半ごろから明け方まで、一刻の休みもなく延々8時間にわたり公演されます。10世紀以上もの歴史を持つ芸術性の高い庶民の文化です。ジャワでは観客の笑いと掛け声と、ダランの即興的な演出で、会場がひとつになって演じられていきます。その魅力に取り付かれた晴琉屋フンさんは、有名なダランについて7年間修行した後、ヨーロッパへ大道芸の旅に出かけ、帰国後は、愛知県常滑市(現在は、千葉県館山市在住です)を中心に『人形一座ホケキョ』として活動を続けています。『ホケキョ』の影絵芝居は、日本人の感性に合わせて、歌舞伎の衣装をモチーフにした人形を作り、せせら小梅さんのグンデルという鉄琴のような楽器とキーボードの生演奏とで演じられる、オリジナルの物語です。

20060705021234.jpg 20060705021246.jpg
2006年5月に、大分で公演があり、セブンポイントに遊びに来てくれました。車に、芝居の道具が全て乗っています。コンパクトです。
小さな団員も1人増えていて、ご挨拶しました。

ホームページみつけたので、ご紹介します。http://www2.odn.ne.jp/hokekyo/
イベント実行委員の方、おすすめです。そういえば、営業用のビデオを預かったままです。興味のある方はご連絡を。お見せします。


2006.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

ダル・ヴィーダと野津の工房

20060630005812.jpgダル・ヴィーダの佐藤邦生さんが、saicoの工房を訪ねたいということで、野津に行ってきました。佐藤さんは、それまで仕事の打ち合わせがあったそうで、ライターの麻生侑希さんも一緒です。(佐藤さんは、デザイナーです。)野津にある陶芸の工房は、若手の作家たちで立ち上げ、町からの支援で場所を借りて、共同で使っています。陶芸教室もあります。もと給食センターだったという工房は、白く塗り直し、広々としていて、気持ちよかった。
20060630005837.jpgsaicoは、8月の展覧会にむけて、大忙しです。坂本さんは、新しい釉薬(うわぐすり)調合中だそうです。楽しみ。

ダル・ヴィーダのホームページができました。
http://x7net.com/~darvida/
ブログもあります。

写真撮影を念入りにされてるなあと思ったら、ブログの写真をみて納得。美しいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/darvida2/10035840.html


2006.06.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

追加:寺山 香 作品2点

アトリエだけで、作品の紹介していませんでした。手元にある資料をアップします。

(写真左)はがきサイズの鉛筆画。現在、セブンポイントの常設コーナーに在り。
(写真右)2005年10月「sofa」にて。中央の白と黒の絵が、寺山さんの絵です。2週間かけてライブで制作。そのまわりに、来場者も自由に絵を描きました。

20060402221612.jpg20060402221631.jpg

2006.04.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

寺山 香(てらやま かおり)、作品制作現場

20060401014058.jpg
寺山 香さん宅に行ってきました。作品を描いている部屋は、6帖の和室で窓がひとつ。片側の壁にはタンスが並び、空いた壁のスペースに、手元に残った絵がなんとなく掛けてあります。絵の具はアクリルを使っているので、油彩の匂いはしません。音楽はカセットテープで聞きます。オートリバース機能が付いていないと思われるデッキで、20~30分経つと音が止まります。作家のアトリエというと、風情があって優雅に聞こえますが、実際訪れてみると、雑然と殺伐と無頓着で素っ気無い部屋であり緊張を強いられること、が多々あります。作品の制作がはじまると、食事をとったり眠ったりお風呂に入ったり家族と会話したり、という生活の諸々が煩わしくなって、たまに息抜きで出かけることがあってもどこか上の空、そんな毎日を送っている…容易に想像できるのです。
おそらく寺山さんも、カセットテープをかけて片面終わってしまっても気付かず、無音になった部屋の中でもくもくと、筆を動かしているのでしょう。

追記:
先だって、寺山さんと話しをしていたら、以前は制作に集中しすぎて日常生活にスムーズに移行できなかったそうですが、現在はバランスがとれていて、いいリズムで絵が描けているそうです。日常と非日常をいったりきたり、自然にできるって、いい感じです。


20060401014156.jpg20060401014122.jpg

2006.04.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

風倉匠さんに、会いにいきました。

20060224002432.jpg風倉匠さんは、現代美術の作家です。風倉さんを尊敬して憧れる美術作家も多い、頭のてっぺんから足の先まで、100%芸術家といった方です。昨年は入院していたという噂をきき、どうされているのかなと思っていたのですが、最近元気な姿を見かけたという話をきいたので、2006年2月22日、湯布院のご自宅まで遊びに行きました。定期的に通院されているそうですが、相変わらず元気でパワフルです。今年の冬は暖かかったと言って、私達を驚かせました。風倉さんは、世間一般ではないのです。今回の発起人であるカメラマンの竹内さん、尊敬する風倉さんを前に少々緊張ぎみの安部泰輔くんとで、おそば屋さんに入って何故か珈琲を飲みました。この春出版される「大分桜百景」(写真は竹内さん撮影)をみながら、桜について話がはずみます。

20060224002529.jpg20060224002455.jpg

アトリエで、作品を見せていただきました。光りにさらされると、色が消えていくというもの(左)と、ドットの絵(右)です。

テーマ:アートスペース - ジャンル:学問・文化・芸術

2006.02.24 | | Comments(4) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

saico のうつわ

昨年の早春、セブンポイントで、saico展をしました。saicoは、陶芸家2人ののユニットです。初めての展覧会という2人は、ひたむきで、がんばりやさんで、初々しかった。毎日、会場にやってきては、作品を入れ替えたり、花を飾ったり、自分たちのうつわで来場者においしいお茶をふるまったり… 1年たった今、陶芸教室を開いたり、お店やカフェに作品が並ぶようになりました。これからの活躍も楽しみです。
ブログもあります。
いまい まさこ http://handworks.exblog.jp/
坂本 和歌子 
http://saico.exblog.jp/

写真は、2005年2/19~3/6の企画展の際のものです。「自分だけの床の間的なスペース」というお題でできました。(写真左)坂本 和歌子  (写真右)いまい まさこ

20060129005237.jpg20060129004653.jpg

テーマ:アートスペース - ジャンル:学問・文化・芸術

2006.01.29 | | Comments(2) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

盆栽がたくさん!

20060119013206.jpg水内康子さん宅に行ってきました。玄関前は、たくさんの草もの盆栽が並び、これらを丹念に作ってられます。木や草が鉢に馴染んで居心地よさそうです。盆栽は、絵画やオブジェなどの作品とコラボで展示もします。教室も開いています。最近は、「大分アーティスト・デリバリー」http://www.doblog.com/weblog/myblog/60597という、アーティストを派遣してワークショップをひらくNPO団体を立ち上げる準備をしています。工藤明美さんもいらしていて、おしゃべりがつきず、楽しいひとときでした。

春を待っている…
春になったら、緑の芽が吹き出してくるんだろうなと思われる鉢です。(左下写真)
水内さんが展示で使用したガラス板をくださいました。なにか再利用したいと思います。希望者には、おすそわけします。(セブンポイントまで受け取りに来てくれるのが条件)(右下写真)

20060119014021.jpg20060119035845.jpg

テーマ:アートスペース - ジャンル:学問・文化・芸術

2006.01.19 | | Comments(2) | Trackback(0) | 作家・アトリエ

«  | HOME |  »

セブンポイント

只今、予定している企画はありません。

セブンポイント
おすすめの展覧会・イベントは、なるべく事前にご紹介して、内容の雰囲気もお伝えできればと思うのですが、会期終了間近に行って記事更新が間に合わない場合も多々あります。其の場合は、Twitterで補っています。


@sevenpoint777

出かけた先で、パチリパチリと写真を撮ってツイートしています。

これまでのSEVENPOINT…

カテゴリーの「セブンポイント企画」あるいは、FBをご覧下さい


記事の更新状況

★最近の記事 *コメント

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

これまでのアクセス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。