スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

藤崎友子絵画展

藤崎33
藤崎34
藤崎友子絵画展 Tomoko Fujisaki PAINTINGS
2008.3.01(土)~12(水)※月曜休廊
open 12:00~18:00
Gallery & Cafe 風の卵
大分市生石5-1-21 西大分港フェリー乗場前藤崎06
いつもは、立体作品の多い作家さんですが、今回は絵画展になるそうです。
藤崎さんは、風の卵で何回か展示をしており、右の写真は、2005年のものです。→



以前、セブンポイントでも展覧会をしてもらったことがあって、そのときの様子をご紹介したいと思います。セブンポイントで個展をしたのは、2005年10月、このブログをはじめる少し前でした。新作はなく、そのかわり、展示方法をこれまでと変えてみることによって、新しい見え方を探そうというものでした。
藤崎18藤崎20藤崎13

日常空間に作品を置くというねらいで、寝室・リビング・ダイニングを作ってみたのですが、非日常的になってしまった。
藤崎22藤崎26早朝と製鉄所+大分市・別府市と、ロケ地をさがして歩き、いろんなところで作品の写真も撮りました。別府の商店街や路地裏、大分川の土手、埠頭、など〃です。左の写真はそのとき作った冊子(作品集)
藤崎27藤崎31作品は、湿り気のある温かそうな質感が肉感的だし、鮮烈な赤は「血」を連想させるし、有機的で艶かしいフォルムなど、刺激的にグロテスクに「性」を表現していると、理解してしまいそうになる。けれど藤崎さんと話すと、そんなつもりは無さそうだ。対象の内部へ深部へ迫ろうとして、毛穴から内蔵の中に入り込んで、薄暗がりの空間の、箱庭的小宇宙に体内回帰(胎内回帰?)の夢をみているのかもしれない。それともただ単純に、こたつにもぐって漫画を読んでる、あの閉じた空間のぬくぬく感を表現したいのかもしれない。もう観る人の勝手なのです。
藤崎09藤崎03藤崎35

これまでの「藤崎友子」関連記事
★ 水簾洞 3人展(2008.1~2)
★ STREET PROJECT'06(2006.11)
★ 行商美術(2006.10)

【“藤崎友子絵画展”の続きを読む】をクリック
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


藤崎32

セブンポイントでの個展の際、チラシに載せた文です。
当時、作品についての個人的な感想です。


★作品に対する私の勝手な印象を述べると、その昔、天動説が信じられていた頃、人々が思い描いていた宇宙の図のように見える。

★‥‥作家の意図とは何なのか、メッセージとは‥‥そういったことが、作品を鑑賞するうえで、必要だったり、大切だったりするのだが、この作家の場合、「どうでもいいかなあ…」などと思ってしまう。見たまま、そのままを受け入れるだけでいいのかもしれない。

★作家自身の人柄は、どこかに風穴が空いているがのごとく、ドライで、明るく気さくである。作品の雰囲気とズレがあるように感じられるのは、私だけではないと思う。

★とにかく、近づいていって、じっと見入ってしまう作品だ。無防備に作品の前に立っていると、知らず知らず吸い寄せられて、脳みそに、種だか、卵だか、何かを植え付けられてしまう。そして、その夜、総天然カラーの摩訶不思議な夢を見ることになる。

2008.02.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | イベント・展覧会

«  | HOME |  »

セブンポイント

只今、予定している企画はありません。

セブンポイント
おすすめの展覧会・イベントは、なるべく事前にご紹介して、内容の雰囲気もお伝えできればと思うのですが、会期終了間近に行って記事更新が間に合わない場合も多々あります。其の場合は、Twitterで補っています。


@sevenpoint777

出かけた先で、パチリパチリと写真を撮ってツイートしています。

これまでのSEVENPOINT…

カテゴリーの「セブンポイント企画」あるいは、FBをご覧下さい


記事の更新状況

★最近の記事 *コメント

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

これまでのアクセス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。